なぜトリートメントタイプの白髪染めは染まらないのか?

利尻ヘアカラートリートメントをはじめ、最近は地肌、髪への優しさと手軽さをうりにして、トリートメントタイプの白髪染めが主流になってきました。
しかし、トリートメントタイプの白髪染めを使ってみて、染まらない人と感じている人も多いのではないでしょうか?

トリートメントタイプの白髪染めはなぜ染まらない人がいるのでしょうか?

髪・地肌にはやさしいが染まりづらい染料

トリートメントタイプの白髪染めで主に使われている染料は、「塩基性染料」「HC染料」の2つです。
この2つの染料は、2001年の化粧品規制緩和により、新たに化粧品に配合可能になった成分です。髪・頭皮への刺激はほとんどないため、これらの染料を使用して、やさしさをアピールしたトリートメントタイプの白髪染め商品が出てきました。

しかし、この「塩基性染料」と「HC染料」は、通常のヘアカラーで利用しているような、染毛力はありません。

塩基性染料

「塩基性染料」の特徴は分子径は大きめでプラスの電荷を持ち、毛髪表面のケラチンタンパクのマイナス部分とイオン結合することで、髪に付着し着色します。分子のサイズが大きいので髪の内部には入り込めず、あくまで毛髪の表面に付着するだけですが、イオン結合なので髪表面にもかかわらず、そこそこしっかり付着します。

HC染料

「HC染料」はプラスやマイナスの電荷を持っていないのでイオン結合は出来ませんが、分子径サイズが小さいためキューティクルの隙間から毛髪の内部まで浸透することで着色します。
しかし、分子間の力のみで吸着しているために、キューティクルの隙間から内部に浸透するものの、塩基性染料に比べると色落ちしやすい傾向にあります。

染まりやすい人と染まりづらい人

「塩基性染料」は髪表面のマイナス部分とイオン結合するので、マイナス部分が多い人が染まりやすくなります。
一般的に髪にダメージがある人ほどマイナス部分が多くなるので、染まりやすいということになります。
また、HC染料はキューティクルの隙間から浸透するので、キューティクルの隙間があいている人ほど染まりやすくなります。髪にダメージがある人ほど、キューティクルの隙間があいていることが多いので、こちらもダメージ毛が染まりやすいということになります。

逆に、髪へのダメージが少なく、髪が健康でキューティクルがしっかりしている方は染まりづらいということになります。

しかし、ダメージがある髪には、染毛とトリートメント効果の両方が得られるので、トリートメントタイプの白髪染めはむしろ向いている、ということが言えると思います。


コメントは停止中です。