白髪染め成分表示について

白髪染めの種類は薬事法上大きく分けて、通常のヘアカラーの「医薬部外品」とトリートメントタイプの白髪染めなどの「化粧品」に分類されます。

「医薬部外品」と「化粧品」でそれぞれ、表示しなければならない成分や成分の表示方法が異なります。

「医薬部外品」については、2008年から、自主基準で全成分表示になりました。しかし、義務ではなく自主基準なので表示したくない成分は記載しないことも可能ではあります。

一方、「化粧品」は2001年から全成分表示が義務付けられています。また、表示順についても定められていて、配合率の高いものから順に表示するとなっています。ただし、各成分の配合率については、表示義務はなく、記載されていません。また、配合率が全体の 1% 未満のものについては、順不同での表示が可能となっています。

白髪染めの購入前に気をつけたいこと

化粧品区分の白髪染めを購入する際に成分表示で気をつけたいところは、まず、ネットでの商品説明ページで全成分表示がされているか?というところです。
「化粧品」は全成分表示が義務付けられていますので、商品のパッケージや同梱の説明書などには記載されているはずですが、ネット通販でしか購入できない場合、私たち消費者は購入前には、ネット上に書かれている情報以外の情報を得ることはできません。
全成分表示が確認できなければ、いくら「無添加」「肌にやさしい」とうたわれても、ちょっと信用できないですよね。購入すればわかりますが、購入前に情報を提供しないというのは何か表示したくない成分が含まれているのでは?と疑ってしまいます。

そういうところで、メーカーの姿勢が判断できると思います。

白髪染め成分表示から判断できること

「化粧品」は全成分表示ですから、含まれている成分は知ることができます。しかし、各成分の配合率はわからないので、成分表示だけで判断できることは少ないと考えています。
よさそうな成分が入っていたとしても、配合率が少なければあまり意味がないのかもしれません。また、各成分の組み合わせによって得られる効果があるとしても、それを成分表示から正確に推測するのは不可能です。

入っている成分を眺めながら、おおよそこんな感じの製品なのかなぁというのを推測してみるくらいかな、と思っています。ただ、正確にはわからずとも、メーカー側のキャッチコピーをそのまま鵜呑みにするのではなく、自分なりの考えも反映することができるので、知っていると知らないでは違うとは思います。

このサイトでは、主に染める成分、美容成分からおすすめの白髪染めを紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

おすすめの白髪染め一覧を見る


コメントは停止中です。