新アミノ酸で髪を修復!くろめヘアカラートリートメント

おすすめ度6

くろめヘアカラートリートメントは、育毛ミストM-1や各種スキンケア製品を手がける株式会社サラヴィオ化粧品が開発した、髪の補修と地肌へケアに配慮したトリートメントタイプの白髪染めです。

ジラウロイルグルタミン酸リシンNaで髪を補修

全成分

くろめヘアカラートリートメント 水、ベヘニルアルコール、グリセリン、ミリスチルアルコール、カプリル酸ヤシ油アルキル、ステアリルトリモニウムブロミド、イソプロパノール、マカデミアナッツ油、褐藻エキス(クロメ)、加水分解シルク、加水分解ケラチン、カキタンニン、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、アルニカ花エキス、オドリコソウ花エキス、オランダカラシエキス、ゴボウ根エキス、セイヨウキズタエキス、ニンニクエキス、セイヨウアカマツ球果エキス、ローズマリーエキス、ローマカミツレ花エキス、トコフェロール、ウコンエキス、クチナシ黄、クチナシ青、オレンジ油、ヒドロキシエチルセルロース、フェノキシエタノール、デキストリン、BG、エタノール、エチドロン酸、AMP、ピロクトンオラミン、HC青2、HC黄4、HC赤3、塩基性青99、塩基性茶16

染める成分

HC青2、HC黄4、HC赤3 着色剤
塩基性青99、塩基性茶16 着色剤

くろめヘアカラートリートメントの染める成分は、HC染料と塩基性染料の組み合わせです。ルプルプレフィーネなどに配合されている「4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノール」は入っていませんが、絶対的な染毛力はルプルプやレフィーネなどとほぼ同等と思います。

「くろめヘアカラートリートメント」の特徴的な成分

髪の補修成分
  • ジラウロイルグルタミン酸リシンNa
    くろめヘアカラートリートメントの特徴的な成分としては、なんといっても「ジラウロイルグルタミン酸リシンNa」です。
    「ジラウロイルグルタミン酸リシンNa」は旭化成が開発した新規の成分で、天然脂肪酸とアミノ酸から作られています。髪への浸透性が高く、セラミドよりも高いと言われています。また、浸透後の残存率が高く流失しにくいため、より効果的な補修が可能と言われています。
保湿成分
  • 褐藻エキス(クロメ)
    くろめ昆布のエキスを配合しています。くろめの主成分は「フコイダン」「アルギン酸」など保湿力に優れた成分を含んでいて、頭皮をケアしてくれます。

カラーはダークブラウン1色

くろめヘアカラートリートメントのカラーはこだわりの「ダークブラウン」1色のみとなっています。

シャンプー後に利用

くろめヘアカラートリートメントの利用方法は、シャンプー後にトリートメント感覚で利用します。塗布後、付属のキャップをかぶって10分以上放置です。使い方としては標準的です。

コストパフォーマンスは標準的

「くろめヘアカラートリートメント」は、内容量 200g で、販売価格 2,980円(定価は 3,250円)となっていますので、グラム単価は 14.9円/g になります。コストパフォーマンスとしては標準的な価格です。

おすすめの白髪染めです

育毛剤のM-1シリーズを手がけている、サラヴィオ化粧品から発売されている白髪染め用ヘアカラートリートメントということで、頭皮ケア、育毛への配慮は期待できます。また、髪の補修成分である「ジラウロイルグルタミン酸リシンNa」が配合されていることも高ポイントです。
気になる点としては、カラーがダークブラウン1色だということですが、ダークブラウンの利用を考えているのであれば、とくに問題にはなりませんので利用してみてはいかがでしょうか。

くろめヘアカラートリートメント新アミノ酸で髪を修復!「くろめヘアカラートリートメント」


コメントは停止中です。