カラーバリエーション豊富で使いやすい レフィーネ

おすすめ度5 ★★★★★

レフィーネは長い間、トリートメントタイプの白髪染めとしては人気があり、今でもランキングの上位に入っている白髪染めです。

2011年5月に成分を変更してバージョンアップ!

全成分

おすすめの白髪染めレフィーネ 水、セテアリルアルコール、セトリモニウムクロリド、DPG、ジメチコン、水添ポリイソブテン、エタノール、オレイン酸グリセリル、ミリスチン酸イソプロピル、PEG-2オレアンモニウムクロリド、クチナシ青、クチナシ果実エキス、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、オタネニンジンエキス、サンザシエキス、ナツメ果実エキス、グレープフルーツ果実エキス、リンゴエキス、オレンジ果汁、レモン果汁、ライム果汁、(加水分解シルク/PG-プロピルメチルシランジオール)クロスポリマー、オレス-30、コカミドMEA、水酸化Na、エチドロン酸、BG、イソプロパノール、乳酸、フェノキシエタノール、香料、(+/-)HC黄2、HC黄4、HC青2、4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノール、塩基性青99、塩基性赤76

染める成分

(+/-)HC黄2、HC黄4、HC青2 着色剤
4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノール 染毛剤
塩基性青99、塩基性赤76 着色剤

HC染料と塩基性染料、4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノールの組み合わせという、トリートメントタイプの白髪染めとしては一般的な組み合わせです。染毛力は普通だと思います。

変更された成分

「レフィーネ」は2011年5月に一部の成分を変更して新レフィーネとして売り出しています。具体的に変わった成分としては、「(加水分解シルク/PG-プロピルメチルシランジオール)クロスポリマー」「フェノキシエタノール」が追加されています。

「(加水分解シルク/PG-プロピルメチルシランジオール)クロスポリマー」は感触改善、保湿と褪色防止効果があります。「フェノキシエタノール」は防腐剤です。

また、旧商品では「タイソウエキス」となっていた箇所が「ナツメ果実エキス」になっていますが、表記を変えただけで同じものだと思われます。

新レフィーネは今までよりしっとり感と滑らかさ、そして褪色を防止する配合になったということですね。

美容成分

レフィーネでは目を引くような派手な美容成分は含まれていません。白髪染め本来の目的である、白髪を染めるということを重点に、カラーバリエーションの豊富さと使いやすさを追求するコンセプトでの商品作りになっています。
そのため、手堅い作りになっているとも言えます。

カラーは豊富な7色、そして色混ぜ可能

レフィーネの特徴はカラーが豊富で、色混ぜが可能だ、ということです。白髪染めは全体的に明るい色が出しづらいのですが、レフィーネは明るめの色も取り揃え、しかも色混ぜによりオリジナルの色も楽しめるという、白髪染めでありながら、ヘアカラー本来の楽しみも追求しています。このこだわりを感じさせる商品作りは、個人的には好感が持てますね。

シャンプー前でも後でも利用可能

これもレフィーネの特徴です。シャンプー前でも後でもよいというのは、自分の生活習慣に合わせて染めるタイミングを選べるので、よい点ですよね。

コストパフォーマンスは標準的

レフィーネの価格は、2,520円とトリートメントタイプの白髪染めの中では、比較的低価格ですが、容量が190g(他は200gが多い) なので、g(グラム)単価は 13.2 円 となりますので、他と比較すると標準的な価格です。

おすすめの白髪染めです

派手さはないですが、商品に対するコンセプトが明確で、使い勝手がよいので個人的にはかなりお気に入りの白髪染めです。

カラーバリエーション豊富で使いやすい レフィーネ


コメントは停止中です。